学ぶ・観る



公演詳細
CEO

劇団静岡県史×菊川アエル 共同企画
牧之原台地入植150周年記念事業
菊川市制15周年
『牧之原開拓史~侍たちの茶摘み唄~』

2018年2月、牧之原茶園を手掛けたサムライたちの姿を描き、大好評を得た、演劇公演「静岡幕末伝~侍たちの茶摘み唄~」を牧之原台地入植150年周年を祝いリニューアルして再演!
まだ観てない方も、すでにご覧になった方も、この地域の産業を支えた、お茶の歴史や偉人たちの物語に感謝と感動をもう一度!

2019年4月14日(日)
開場:13:00/開演14:00
会場:菊川文化会館アエル大ホール
(静岡県菊川市本所2488-2)

<<チケット>>
販売開始:
アエル友の会:2019年1月19日(土)~
一般・学生:2019年1月26日(土)~
<1F指定席>
【アエル友の会】¥1,800
( アエルチケットセンターのみ)
【一般】¥2,000
【 大学生以下】¥1,000
<1・2F自由席>
【一般】¥1,800
【 高校生・大学生 】¥900
【 中学生以下】 無料( 要整理券 )

<<チケット購入場所>>
【窓口・電話予約】
アエルチケットセンター 
0537-37-3232
【インターネット予約】
菊川文化会館アエルホームページ 
http://kikugawa-ael.jp/
【チケット取扱所】
掛川文化会館アエル
0537-37-3232
掛川市生涯学習センター
0537-24-7777
掛川市文化会館シオーネ
0537-72-1234
御前崎市民プールぷるる
0537-63-0195
菊川 小菊荘
0537-73-2460
(株)静岡ツーリスト
0537-36-2225
イケヤ アピタ掛川店
0537-22-0666
(株)兵藤楽器店 掛川本店
0537-23-0245
チケットぴあ(Pコード:492-051)
0570-02-9999

<脚本・演出・主宰>
松尾交子

<メインキャスト>
千鶴、望月俊昭、速水正弘、小泉智幸、伊東雅貴、原口裕成、尾白修一、谷口俊宏、 松島里香、宮城すみ江、赤堀柊、櫻井美月、赤堀統眞

<アンサンブルキャスト>
植田直美、織部光男、鈴木克己、白松恵子、田中さつき、中川衣代、寺尾しのぶ、松下康子、宮城嶋かおり・あゆり、宮本愛弥・穏、他

<スタッフ>
長房香澄、松島弘明、小泉貴弘、増田研佑、他

これまで開催した勉強会
「牧之原開拓史」を学ぼう!勉強会
<第1回>
TV番組「河童の大将一代記~大井川の川越しと牧之原開拓~」視聴会
解説:元テレビ静岡ディレクター
   石井 英齊 氏
日時:2018年8月23日(木)
   18:30 受付 19:00 開始
会場:菊川文化会館アエル・小ホール
参加費:500円

〇勉強会内容
今から約30年前、テレビ静岡の自社制作番組、郷土史シリーズ第5作として放映されたテレビ番組の視聴会です。昨年「静岡幕末伝」の勉強会で視聴したテレビ番組「侍たちの茶摘み唄~牧之原開拓史~」の続編です。当時制作に携わった元ディレクターの石井氏に解説していただき、幕末から明治にかけての地域の歴史を紐解いていきます。侍たちに続いて牧之原に入植し、開拓を行った元川越人夫たち、その指導者、金谷の仲田源蔵、実業家・政治家の丸尾文六たちの活躍が描かれています。

「牧之原開拓史」を学ぼう!勉強会
<第2回>
静岡れきべん 久野潤先生の「日本を海と日本人から救った勝海舟~牧之原開拓ゆかりの偉人~
講師:大阪観光大学専任講師/戦記作家/百田尚樹著「日本国紀」監修
   久野 潤 氏
日時:2019年1月27日(日)
   13:30 受付 14:00 開始
会場:菊川文化会館アエル・展示室
参加費:
【一般申込み】1,800円
【一般当日】2,000円
【学生】1,000円

CEO  
これまでの公演
歴史演劇「龍馬を斬った男~今井信郎ものがたり」
日時:2018年11月24日(土)
   11:30~正午、1:30~2:00
見学:無料
※申し込みは不要です。直接会場へお越しください

◯公演内容
幕末最大のミステリー、慶應3年(1867)の坂本龍馬暗殺事件の主犯者とされる今井信郎(後の初倉村長※今の島田市内)の生涯を演劇でお楽しみください。

CEO

牧之原台地入植150 周年記念プロジェクト
劇団静岡県史× 菊川文化会館アエル 共同企画

リーディングシアター『牧之原開拓史』

構成・演出/松尾交子

今では、東洋一の大茶園となった牧之原台地の開拓は、刀を鍬へと持ち換えた徳川家臣団たちの手によって始まる。その過程では歴史に名を残こす勝海舟のサポートや侍同士の葛藤、そして結ばれたくても適えられない悲恋もあった。
また文明の最先端、鉄道を菊川に引いた初代静岡県知事・関口隆吉と、地元の有志たちとのドラマ。
そのような物語を地元民による、詠み聞かせによってお届けします。

池田さちよ、島﨑紘子、藤本みよ子、堀みゆき、山﨑千鶴、山﨑路子
【演奏】松下肇( のこぎり)
【呈茶】茶レンジャー

 日時:2019 年2 月15 日(金)
    18:30 開場 19:00 開演
 会場:菊川文化会館アエル 小ホール
(菊川市本所2488-2)
 入場料:500 円( 呈茶付き)

CEO  
お申し込み先
菊川文化会館アエル
0537-35-1515(会館事務室9:00-21:30)
※毎週月曜日休館(月曜祝日時は翌日休館)
電話での予約後、参加費は、当日会場にてお支払い下さい。
ご存知ですか地元のこと?~主宰:松尾 交子の想い~
よく若い方が?自分探し″と言って都心や海外に行くのを見受けますが、私(主宰:松尾)自身、歴史の勉強をしていると実は自分が知るべきものは生まれ育った地(足元)にあることに気づかされます。

受身でなんとなく「歴史から学ぶ」勉強ではなく、自ら進んで自分のバックボーンを知り、それを未来に活かすための「歴史に学ぶ」勉強の方が、足元を明るく照らし未来への道標を与えてくれます。

将来に不安があるのであれば、まずは「歴史に学ぶ」スタンスを持ってみてはいかがでしょうか?そして、驚くべき偉業を成し遂げた偉人たちほど失敗の数も多いことにびっくりすると思います。

この作品が皆さんを奮い立たせる一助になればと願っております。
再演にあたって
劇団静岡県史と菊川文化会館アエルは、明治150周年を記念して、2018年2月25日(日)に、菊川文化会館アエル・大ホールにて、演劇「静岡幕末伝~侍たちの茶摘み唄~」を上演しました。

この公演では、幕末から明治にかけて、幕臣たちが牧之原入植に至るまでの物語を舞台化し、劇団静岡県史と地元コラボレーションメンバーによる熱演はたいへん好評をいただきました。

その後、「1回だけの公演だけでは勿体ない。もっと多くの人たちに見てもらいたい」との声が菊川市民のみならず各市の皆さんから寄せられています。そこで、今回ご提案する再演プロジェクトは、2019年牧之原台地入植150周年を祝い、牧之原台地にかかわる島田市、牧之原市、御前崎市、掛川市の各市民の皆さんと共に、「牧之原開拓史~侍たちの茶摘み唄~」の公演を実現させて参りたいと思います。
お申し込み先
菊川文化会館アエル
0537-35-1515(会館事務室9:00-21:30)
※毎週月曜日休館(月曜祝日時は翌日休館)
電話での予約後、参加費は、当日会場にてお支払い下さい。