劇団静岡県史|歴史を舞台化する県民劇団

静岡県の歴史を舞台化するを目的に、2013年、SPAC((公財)静岡県舞台芸術センター)企画、県民劇団として設立。現在は、菊川市を活動拠点として、演劇創作をしています。

「関口隆吉と今井信郎」の記事一覧

県史役者にインタビュー④

  公演まであと26日!   先日は、最初から最後まで通し稽古を行いました。 演劇はセリフを覚えれば完成というものではありません。(それも大事ですが) 舞台での役者達の立ち位置や距離間、登場シーンでの歩幅、身振り…ひとつ […]

県史役者にインタビュー②

  3/10の公演まであと32日! 普段の県史役者は、日々社会人として仕事をしたり、学生として勉学に励んでいます。 職種、通う学校、住む地域も別々のメンバーですが、集まってお稽古が始まるとみんなで気持ちを一つにして作品に […]

県史役者にインタビュー①

3/10の公演に向けて、県史役者たちは一丸となり、稽古にも情熱を注いでいます。 今回の公演に対する意気込み、作品への思い、そして日常など役者たちの素顔に迫っていきたいと思います。 記念すべきインタビュー第1回目は『関口隆 […]