~県史役者からのメッセージ~

洞月院公演まであと9日!(あ、一桁になってる!)

 

皆様こんにちは

5月も最終日ですね!

連休が遠い昔のように思えますが、これから気温もグッと上がったり梅雨の時期に突入…など季節の変わり目に入ります

体調などお気をつけ下さいね

 

さて先日、洞月院さんへ会場の下見という形で役者及びスタッフ共に伺わせて頂きました

とっても素敵なお寺に、穏やかな口調でお話しされる住職の和宏さん

見学させていただいた時間ですっかり心が和んでしまいました…(*´▽`*)

 

今回、3月の劇場公演とは違った客席配置になります

お客様との距離が近くなり、反応を直で感じられ嬉しいです

臨場感あふれるパフォーマンスをお届け出来るよう県史一同改めて気を引き締めた次第です

  

 

会場を確認しお稽古にも熱がこもります

そんな中、メッセージを寄せてくれたのは大草高重役・八木橋実寿さん

大草さんの推しポイントは…

「大草さんは日本一の大茶園という夢を描きながら 汗を流し、牧之原開拓をしたカッコイイ人です!

ぜひ見てください!」

実寿さんは前回の菊川アエル公演では今井信郎の妻・いわを演じていましたが、6月公演では役柄を変更しての登場です

大草高重役は洞月院での公演が初お披露目となります

新しい役で舞台に立つのは緊張もしますが、大草高重の魅力を皆様に伝えられるよう頑張ります

 

実寿さん、ご協力ありがとうございました!

 

 

チケットに関してはこちらをどうぞ↓↓

 

劇団静岡県史 歴史劇パフォーマンス
菊川・島田ゆかりの偉人
『関口隆吉と今井信郎~幕末明治に懸けた志士~』

静岡県初代県知事・関口隆吉は、菊川市の月岡に住んでいました。
坂本龍馬を斬った・今井信郎は、島田市の初倉村長を務めました。
幕末から明治にかけて、激動の時代を生きた地元ゆかりの偉人の足跡を劇団静岡県史が歴史劇パフォーマンスとして、ゆかりある会場にて公演します!

【菊川公演】
6月 9日(日)       
会場:洞月院(菊川市加茂4281-1)

【島田公演】
6月30日(日)       
会場:種月院(島田市阪本3371)

【両日共】
午前の部:11:30開演
午後の部:14:30開演(開場は開演の20分前)

【チケット】
自由席【 前売 】一般 1,000円 / 学生 500円
(当日は、各500円アップ)

チケット販売
・菊川文化会館アエル窓口(0537-35-1515)
・出演者
・ネット購入  https://tomopro.thebase.in/

主催:劇団静岡県史 
電話 0537-29-8387
ホームページ https://kenshi.cava.jp
メール:info@kenshi.cava.jp

脚本・演出:松尾朋虎
歌唱指導:水島弘子
制作協力:丸尾正((一社)シナリオ)
協力:(一社)シナリオ

【出演】
小泉智幸、赤堀愁、四ノ宮康介、藤森美香、永井洋子、小川千脩、夏目耀、南屋匠吾、八木橋実寿、佐奈和奏、浅岡海琉、武井将馬

【語り】
菊川公演:鈴木愛菜
島田公演:柴本久美子

【劇団スタッフ】
小泉貴弘、後藤美佐子、小川幾子、小川桜子、夏目布実子、南屋えり子、南屋彩花、八木橋里美、佐奈八千恵、佐奈千寛、浅岡高樹、武井由美代、他